化粧水によるニキビ跡ケア - 乾燥肌でもニキビはできる?

ニキビ跡 消す 化粧水 → ニキビ跡を消す化粧水│肌の乾燥とニキビの関係は?

ニキビ跡を消す化粧水│肌の乾燥とニキビの関係は?

乾燥肌なのにニキビができる、肌の乾燥を感じるのにニキビができる、そんな悩みを抱えている人は少なくないでしょう。肌の一部は粉を吹くほどカサカサしているのに、一部にはニキビができてしまうなんてこともあると思います。
ニキビ跡を消すには

肌の乾燥を感じてもニキビができる理由はいくつかありますが、そのひとつに洗顔のやり方が間違っているということがあります。たとえば一生懸命洗顔しているつもりでも、肝心な汚れが落ちていないということがあります。

クレンジング剤をつかってゴシゴシあらっても、それが表面だけを洗っている場合、毛穴の汚れは落ちません。洗い切れなかったメイクや皮脂、汚れなどが毛穴につまることでニキビの原因となるのです。

逆に、洗いすぎもニキビの原因となります。そもそも皮脂は肌の乾燥を防いだり、刺激から肌を守る役割を持っていますが、その必要な皮脂までを落とし切ってしまうことはニキビを発生させてしまうのです。

必要以上に皮脂が洗い流されると、肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌され、毛穴をふさいでニキビとなります。洗いすぎは肌の表面を傷つけることにもなり、いいことはありません。肌を清潔にしておくことは大切ですが、適切に汚れをしっかり落としつつ、ゴシゴシと洗いすぎないようにしましょう。

ニキビができやすい人、ニキビができているときは刺激の強いオイルクレンジング剤は避けたほうがよいです。クリームタイプのクレンジング剤でやさしく洗うようにしましょう。できれば香料の入っていない物、自然物に由来するものを選ぶことをおすすめします。

洗顔以外の理由でも、肌が乾燥しているのにニキビができることがあります。それはストレスです。強いストレスによりホルモンバランスが乱れると、ニキビができてしまいます。この場合、肌の乾燥とは直接関係のないことも多いのです。

また脂肪や糖分の多い食事をしていると、同じようにニキビができることがあります。乾燥肌でも、このような食事はニキビの原因となることがあるので、一度食事を見直してみるといいかもしれません。

ニキビに大敵の習慣とは

おとなニキビは、普段の生活習慣が原因で起こっていることが多いと言われています。自分なりに対処しているのになかなかニキビが治らないという場合、生活習慣を見直してみるといいかもしれません。ではどのような習慣がニキビには大敵なのでしょうか。

洗顔時に32℃以上の温度のお湯で洗顔している人は要注意です。冬場の洗顔は特にお湯を使いたくなりますが、お湯での洗顔は肌に必要な皮脂までを洗い流してしまうので、ぬるま湯程度にしましょう。

オイルクレンジング剤を使っている人も、ニキビができる習慣をしていることになります。オイルクレンジング剤はメイクがよく落ちますが、それほど洗浄力が強く、肌への刺激が強いということです。弱酸性の洗顔料や、ゴシゴシを洗顔することも同じく刺激になるので、すぐにやめましょう。

シャンプーやリンスのすすぎが不十分であったり、下を向いてすすいでいませんか? シャンプーやリンスの成分は顔に触れるには刺激が強く、ましてはすすぎ残しなどニキビの原因となります。なるべく顔に触れないよう十分にすすいで、シャンプーやリンスのあとに洗顔をして成分を残さないようにしましょう。

洗顔後はすぐにたっぷりの化粧水で保湿をしていない、コットンを使って化粧水をつけていることも実はニキビにとっては大敵です。肌の乾燥はニキビの原因ですし、コットンでこするような化粧水のつけ方は肌への刺激となります。

同じく、ファンデーションをスポンジでこするようにつけることも肌にはよくありません。余分な皮脂を吸い取るという意味で一見よさそうなあぶらとり紙も、使いすぎはニキビの原因となります。使いすぎると本来必要な皮脂まで取り除いてしまい、皮脂の過剰な分泌を促してしまうからです。

こうして並べると、案外してしまっているということは多いのではないでしょうか。どれもすぐにやめられる習慣、改善できる習慣なので、あてはまることがある場合はすぐにでも改善したいですね。